初心者でもできる!電気製品自作のポイント3選

Square

初めに電気製品の知識を学んでおく

電気製品の自作をするためには、まずは必要な知識を身に付ける必要があります。電気系統の知識があれば、設計や組立だけでなく、不測の事態にも対処することが可能です。作る電気製品にもよりますが、高電圧に触れる機会もあるため、事故によって怪我をしてしまう可能性も否定できません。正常に動作する電気製品を作ることも大切ですが、安全面にも配慮をしながら自作に取り組むことが重要です。まずは、電気製品自作のために、必要な知識を書籍やネットの専門サイト等で勉強することから始めましょう。

簡単な物から自作を始める

一言で電気製品といっても、電球を光らせるだけの単純なものから、センサーによって反応するロボットのような複雑なものまで、さまざまなものがあります。自作初心者の人は、簡単なものから作り始めるのがおすすめです。最初から複雑なものを作ろうとすると、知識や経験不足から、挫折してしまう可能性が高いからです。単純な電気製品の修理から始めるという手もあります。一から作るのが難しくても、研究もかねて電気製品を分解し、直すことができれば勉強にもなるのです。

自作用のキットを使ってみる

電気製品を自作しようとしてもイメージがわかない、という人も少なくありません。自作に取り組むときに役立つのが、初心者用の自作キットです。電気製品を作るための詳しい説明だけでなく、必要な部品類などがセットになっていることも多く、初めて電気製品を作る人にはうってつけです。なかには、プログラミング学習ができるキットもあるため、電気製品だけでなくプログラムを学びたい人にも向いています。

プリント基板設計を学校で教わることは、あまりありません。会社に入り、先輩に教わりながら実務経験を積むのが一般的です。