運転手派遣とは?メリットと気を付けたい点

Square

運転手派遣の仕組みとメリット

運転手の働き方は、正社員や請負などの他に、最近では労働者派遣も広まっています。派遣労働の場合、運転手は労働派遣法で定められた規則にのっとって働きます。人材派遣では、派遣元である派遣会社と派遣社員である運転手が雇用契約を結び、運転手を望む派遣元企業で働きますが、指揮命令系統は派遣先の会社となります。

運転手派遣では、派遣社員にも派遣先企業にもメリットがあります。まず、派遣社員は労働者派遣法によって守られ、契約に基づいた働き方ができるので、自分の生活スタイルを重視しやすく、働き方を自由に選ぶことができます。派遣先の企業にとっては、繁忙期の一定期間だけ人材を確保できるので、正社員を雇用するよりもコストを抑えた経営が可能になります。さらに、採用にかかるコストや教育のための経費を大幅にカットできるのも利点です。

運転手派遣で気を付けたいこと

特に企業側が運転手派遣を利用する場合には、気を付けたい点がいくつかあります。その一つが、運転手のクオリティです。例えば、運転とともに接客態度が必要となる企業が運転手派遣を利用する場合、派遣会社が派遣社員にどのような教育を行うかは企業のイメージに大きく影響します。それで、その派遣会社がどのような運転手を派遣しているか、どんなサービスを得意としているかを調査して派遣会社を選ぶことが大切です。また、運転手を派遣してもらいたくても、人手不足で依頼を断られるケースが想定されます。もともと運転手は人材不足が深刻な職種で、各業界の繁忙期と重なると需要と供給のバランスが崩れたり、料金が高騰する恐れがあります。

運転手の派遣仕事に関して、昨今では運転仕事の代表格であるトラックドライバー分野でも求人件数が増えています。派遣トラックドライバーという存在が当たり前になりつつあるのです。