倉庫に必要な条件は?借りるときに気を付けたいこと

Square

倉庫の必要仕様を検討しよう

貸倉庫は商品の一時保管や引っ越しの際の荷物の一時保管場所、リフォームの際の家具や家電の避難先として重宝されています。ただ、始めて貸倉庫を利用するときには選び方に注意が必要です。何を保管したいかによって倉庫に求められる仕様が異なるからです。倉庫の仕様にはピンからキリまであるので、必要な仕様が整っているかどうかをよく確認する必要があります。どのような仕様があれば良いかを具体的に考えてみましょう。

保管するものに応じた必要仕様とは

倉庫は温度や湿度を管理できる設計のものもありますが、特に空調設備も換気設備もないものもあります。例えば、木製の家具を保管するのなら湿度がコントロールされていないと劣化の原因になります。短期間であれば影響がない可能性もありますが、何か月も保管する予定なら空調設備が整っていて温度や湿度が管理されている倉庫が理想的です。書類の保管に利用するときも同様で、大きな温度差や湿度差があると劣化が進みやすくなってしまいます。

しかし、自転車やバイクなどを保管するのなら常温でも特に大きな問題は生じないでしょう。ステンレスの家具の場合にも同様で、多少の温度や湿度では簡単に劣化してしまうことはありません。このようにどのような環境が保管に適しているかを考えて選ぶのが貸倉庫を利用する際には欠かせません。空調設備や換気設備などが整っていると料金も高くなりますが、保管しているものが劣化しないようにするには不可欠だと考えましょう。

物流業界は、長年慢性的な人材不足に悩まされています。離職率を少しでも減らすため、労働環境の改善が業界全体の喫緊の課題です。